歯磨き:

患者様に合った歯磨きの仕方をご指導、草加東口歯科クリニック(歯科医院・歯医者)

草加東口歯科クリニック


歯磨き

歯磨きイメージ
歯磨きイメージ

「しっかりと治療をしたのにしばらくしたらかぶせ物が外れて中が虫歯になっていると言われた。」「歯周病が進行して歯茎が腫れた、歯が揺れてきた。」「神経を残して詰め物で治したけど、中で虫歯が広がって神経の治療が必要になってしまった」等、様々な理由で再度治療に通われる患者様もいらっしゃると思います。

「一度治療したらそこはもう大丈夫」と言う事は、残念ながらありません。

詰め物やかぶせ物が入った境目等から新たに虫歯になってしまうこ事はありますし、定期的に歯医者さんでクリーニングを受けてるから心配ないと思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、歯茎の炎症は汚れが残っていると1週間で起こってしまいます。

歯石も1~2週間でできてしまう場合もありますので、3か月に一回等、定期的に歯医者さんのクリーニングを受けているとしても、その間にも虫歯や歯周病は進行してしまう事はあります。

やはり治療・定期健診ももちろん大事ですが、一番大切なのは毎日のご自身の歯磨きになります。

歯磨きがしっかりできていないうちに治療が進んでしまいますと、何度歯医者さんでお掃除しても、その後次回来院までにはプラーク(汚れ)が溜まり歯周病治療の効果が出づらい(歯茎の腫れが落ち着かない)、腫れてる歯茎にかぶせ物をしてしまうとかぶせ物もぴったり合いづらくなる(歯茎の腫れが落ち着いて歯茎が引き締まってくると合わないところが出てくる)、歯茎に炎症がある状態だと麻酔が効きづらいというように、治療にも悪影響が出てしまいます。

そこで当院では、まず患者様の歯磨きの状態、汚れの付き具合等をしっかり確認して頂き、どこを注意して磨くのか、どのように磨くのか、歯ブラシ以外に使うのは何がいいのか等、患者様によって使う道具は異なってくるので、患者様に合う歯磨きの仕方をご指導させて頂きます。

一度の歯磨きの指導で全て完璧にやろうと思っても覚える事が多くて、結局どうやればいいのか分からない方もいらっしゃいます。まずは普段の歯ブラシの動かし方、歯ブラシをかえてみるだけでも磨きやすさはかわってきます。

磨ける部位が多くなってきたら歯間ブラシやフロス等、歯ブラシ以外の清掃器具も使って、磨き残しの少ない状態になれるように頑張っていきましょう。

歯磨きの状態

染だし前
染だし前

染だし前

写真はお口の中の写真になります。
それほど汚れが多く残っているようには見えませんが・・・


染だし後
染だし後

染だし後

プラーク(歯の表面についている汚れ)を染めるお薬を塗った後のお口の中の写真になります。
全体的に歯に紫色がついていると思いますが、これがプラークの残っている場所になります。これだけ汚れが残っていると、今後歯周病や虫歯のリスクは高くなってしまいます。


歯磨き後
歯磨き後

歯磨き後

普段通りの歯磨きをして頂いた後のお口の中の写真になります。
大分白い部分が見えてきましたが、前歯に線のように残っている紫の部分、また、全体的に歯の根元(歯と歯茎の境目)に紫色の部分が残っています。

歯周ポケットと呼ばれている所に汚れは入り込むので、歯ブラシの当て方は勿論、歯ブラシに加える力も大切になります。また、歯の表面には僅かな溝もあり、そこに汚れが残りやすくなっています。歯の間、奥歯の噛み合わせ部分、歯の根元には注意が必要です。

この後、この患者さんには歯ブラシの仕方、硬さ、力加減等からご指導させて頂きました。
歯磨きの状態を確認しながら、歯の間の汚れを落とす為にフロスの使い方も後程指導させて頂きました。


歯磨きについて :
草加東口歯科クリニック
(埼玉県草加市高砂)