歯を残す虫歯治療・草加東口歯科クリニック

〒340-0015 埼玉県草加市高砂2-11-20 真壁ビル3F 048-921-0808
電話
メニュー

歯を残す虫歯治療



可能な限り歯を残す

拡大鏡を使用した虫歯治療

削れば削るだけ歯は弱くなっていきます。

虫歯で歯に穴があいてしまった場合、虫歯になった部分を削って補修しなければならないのですが、歯は削れば削るだけ脆く弱くなっていきます。つまり、歯の寿命が短くなっていくのです。

拡大鏡を使用した虫歯治療

拡大鏡(ルーペ)を使用する事により、診断の正確さが高まり、より安全なアプローチ・治療が可能になります。

草加東口歯科クリニックでは、虫歯の治療時には拡大鏡(ルーペ)を使用する事により、虫歯になってしまった部分の削る範囲を最小限に抑え、健康な歯質は可能な限り残す治療方法をとっています。

再発を防止

虫歯の治療を繰り返せば、いずれは歯を失う事につながります。ですから当院では、的確な診査診断と丁寧な治療を実施し、「再発させない」事に取り組んでいます。大切な歯を痛める前に、早期発見・早期治療が大事である事は言うまでもありません。

根管治療(歯の根治療)

歯の寿命を左右する治療

歯髄(歯の神経)が炎症や感染を起こした時に必要になるのが根管治療治療です。いわゆる「神経を抜く」と言われる根管治療で、根管治療は根管内部を拡大、炎症性物質や細菌、壊死物質などを除いて消毒(無菌化する)を行う治療です。

根管治療がしっかりされていないと、後々に根尖性歯周炎になり、根の先端が化膿したり痛みがでます。最悪の場合、抜歯となる事もあります。

歯を残していく為に

根管治療は細かく、たいへん手間のかかる治療です。患者様にはご理解を頂き、少々お時間(治療回数)を頂いてでも患者様の大切な歯を残す為に確実な治療を行っています。

ページトップへ

歯を残す虫歯治療:草加東口歯科クリニック(埼玉県草加市)