歯周病:

歯周病から歯を守る歯科医院・歯医者、草加東口歯科クリニック

草加東口歯科クリニック


歯周病

歯周病治療・歯周病予防

歯周病イメージ

歯周病イメージ

歯周病とは、歯肉に炎症が引き起こされ、放置しておくと膿が出たり、口臭がひどくなり、最後には歯が抜け落ちてしまう病気です。

歯周病の怖いところは、虫歯と違って初期段階では痛みを感じる事が少ない(自覚症状がない)と言う事です。

歯周病は本人に自覚がないままに進行するという病気でもある為に、歯周病が進行していると思われる患者様には、十分に歯周病に関する説明を行ない、治療の必要性をお話しております。

歯周病の原因と進行

歯周病の原因

歯周病の原因はプラーク(歯垢)です。 プラークは、歯の表面に集まる目には見えない細菌からできているネバネバとした薄い膜です。プラークは次第に堅くなって歯石となります。これが感染を招き、次第に歯の周囲にポケット(歯と歯肉の隙間)ができ、歯を支持している組織(歯肉や歯槽骨等)を破壊していきます。

歯周病を悪化させる要因が、歯周ポケットの中に隠れて見えない歯石です。歯石とは、プラークが固まったもので、骨の吸収に悪影響を及ぼします。目で見えるところに付く歯石よりも、歯と歯ぐきの隙間に隠れて見えない歯周ポケットの中の歯石(歯肉縁下歯石=しにくえんかしせき)が歯周病を悪化させます。

歯周病の進行

歯周病の進行イメージ

● 健康な状態
歯と歯茎の隙間(ポケット)もなく、歯茎が引き締まっています。

● 軽度歯周病
歯茎が赤く腫れあがり、歯を磨いたり硬い物を食べると出血する事もあります。

● 中度歯周病
ポケットの炎症が慢性化し、骨が溶け始めます。口臭もあり、歯が浮いたような感じがします。

● 重度歯周病
歯根を支えている骨がほとんど溶けてしまい、歯根が露出し歯のぐらつきが酷くなります。


こんな症状があったらあなたも歯周疾患

歯周病がどれだけ進行しているかは、歯ぐきの状態を見ればわかります。歯ぐきからの出血は歯を支える歯ぐきに炎症がある証拠で、歯周病の特徴的な症状といえます。

歯周疾患チェックリスト:まずは自分の口の中について、チェックしてみましょう。

この中で1、2項目でも当てはまるものがあるなら、歯肉炎か軽度の歯周炎かもしれません。また、3~5項目が当てはまれば中程度の歯周炎、それ以上ある場合は重度の歯周炎と考えられます。

当院で施術する歯周病治療

歯周治療を希望して来院される患者さんの多くの場合は、歯周病の何らかの症状がすでに現れており、かなり病状が進行しているケースが多く、治療に要する期間も長くなります。治療は早く終わるにこした事はありませんが、じっくりと腰を据えて治療を受ける心構えを持つ事が最も重要です。

歯周病は、本人に自覚がないままに進行するという病気である為に、当院では歯周病が進行していると思われる患者様には充分に歯周病に関するご説明を行い、治療の必要性をお話しするようにしております。

歯周病治療のステップ

歯周病の治療には、患者様それぞれにあった計画的な治療が必要となります。歯周病治療を始める前には、検査結果のデータを基に、現在のお口の中の状況や治療の進め方について、詳しくご説明させて頂きます。

一般的に歯周治療は以下のようなステップで行なわれます。

  1. プラークコントロール
  2. バイオフィルムの除去
  3. プラークコントロールの確認
  4. リスクファクターの改善
  5. 再検査
  6. より良いお口の環境を得るための治療(定期的なメインテナンス等)

歯周病から歯を守る予防歯科

お口の健康を守る事が豊かに生きる事へとつながります。その為に、治療に優るとも劣らず大切になってくるのが、予防歯科です。
予防歯科について、詳しくはこちらから

何より歯磨きが重要

歯周病を予防するのに治療や定期健診ももちろん大事ですが、一番大切なのは毎日のご自身の歯磨きになります。
歯磨きについて、詳しくはこちらから

歯周病・歯周病治療 :
草加東口歯科クリニック
(埼玉県草加市高砂)