小児歯科:

お子様の大事な歯を守る歯科医院・歯医者、草加東口歯科クリニック

草加東口歯科クリニック


小児歯科とは

小児歯科
小児歯科

小児歯科では、単に子供の虫歯を治療するだけでなく、虫歯の予防処置や永久歯の歯並びや噛み合わせが正しくなるように指導や治療を行います。

概ね乳幼児期から、永久歯が萌え揃う学童期まで(12~13歳)が対象となります。

お子様の治療に関しましては、保護者の方が納得されるよう充分にご説明し、その同意の基に患者(患児)様の立場に立った治療を行なっていきます。

当院の小児歯科治療

健全な歯を育てる為のお母さんの役割りは、乳歯が生える以前から既に始まっています。胎生7週目位から乳歯はもうできはじめ、乳歯が顔をのぞかせる頃には永久歯が育ち始めているのです。子供の最初の歯は通常、生後6カ月頃までに生えはじめ、3歳までに20本の乳歯が生えそろうのが普通です。

乳歯は、お子様の健康にとても大切な物です。これから生えかわる永久歯にとっても、大変重要な意味を持っています。(乳歯は、将来生えかわるであろう永久歯の歯並びや噛み合わせのガイドにもなっています。)

ですから、当院ではただ単にお子さんの虫歯を治療するだけではなく、お子さんの健やかな成長を歯科医師の立場から支援し、「お母様といっしょに、健康で丈夫な美しい歯を育てていきたい」 と考えています。

小児歯科治療チェックポイント

【生後 6ヶ月の頃】
生後6ヶ月を過ぎると、乳歯が生えはじめますので、この時から歯磨きが必要になります。最初は分からない事も多いかと思います。少しでも気なる事がございましたら、何でもご相談下さい。

【1歳 6ヶ月から3歳まで】
1歳6ヶ月になると、上下の前歯12本と奥歯4本の乳歯が生えてきます。また保健所での1歳6ヶ月健診があります。このとき、心身の発達をチェックしますが、歯についても、生えている歯の数と種類、虫歯や汚れの状態、噛み合わせの状態などをチェックします。この時点で虫歯を持っているお子さんは少ないのですが、3歳児になると虫歯がとても増えています。

【3歳の頃】
3歳になると、3歳児健診があります。歯の健診も、歯科医が20本の乳歯が生えそろい、噛み合わせがきちんとできているか、また虫歯になりやすいのか、などをチェックします。3歳児の虫歯の状況をみると、これから先の歯の状況を予測することができます。そうした意味でも、改めて歯の健康や育児の方法を見直すよい機会になります。

【6歳】
6歳頃になると乳歯の奥歯のさらに奥に最初の永久歯(第一大臼歯=6歳臼歯)が生えてきます。この第一大臼歯は、一番大きくて噛む力が最も強く、とても大切な歯です。たいへん虫歯になりやすい歯の為、十分な注意が必要です。

このような時はご相談下さい。

お子様の歯やお口の病気の事で、気になる事やお悩みなど事がございましたら、どうぞお気軽にご相談下さい。

小児歯科 :
草加東口歯科クリニック
(埼玉県草加市高砂)